他の誰とも比べなくていい、自分らしく学ぼう。見て、聞いて、理解して、話すタッチスクリーン方式の英語教室

Kids Brown -キッズブラウンとは

タッチスクリーン授業方式で楽しく!
スクリーンの中の動画とキャラクターを直接タッチ!ストーリー中心に楽しく飽きのこないレッスンを展開。暗記じゃない、使える英語が身に付きます。

一貫したプログラムで成果が見える!
アメリカアイビーリーグの名門 ブラウン大学の外国語教育研究所が、子どもの言語発達段階に合わせて開発した英語教育プログラム。1ヵ月単位で成果が見られます。

インターネットで家でも英語!
その月に習っている単元を、教室で学んでいるかのように、インターネットでも楽しく学べます。教室+教材+インターネット学習の3本柱で英語力がグンとUP!

アメリカの名門ブラウン大学が開発した子供英会話プログラム

キッズ・ブラウンとは、アメリカアイビーリーグのひとつであるブラウン大学の外国語教育研究所のポリー教授が、
3年間の研究と研究総開発費15億円をかけて開発した権威ある子供向け英語教育プログラムです。

遊びの中で英語を吸収。
子供の「大好きな」気持ちを育む、最先端のタッチスクリーン授業方式で、レッスンの楽しさアップ!
子供の発達心理を考慮し、子供の興味・関心に合った内容は、知的好奇心をくすぐります。


ブラウン大学とは、1764年にアメリカで7番目の大学として設立され、
アイビー・リーグ8校の一つで言語学、医学部が有名な私立名門大学。
日本との関係は深く、慶應義塾大学の創設者である福沢諭吉は、
ジョン万次郎の勧めでブラウン大学に於き西洋高等教育について学び、
1868年慶応義塾設立に至ったとされています。
※アイビーリーグとは、アメリカ北東部に立地する名門私立大学8校の通称。

Kids Brown の特徴

① 楽しい中でためになる

スクリーンの中で点かいするストーリーやワークブックを直接タッチしながら、参加型のレッスンを行います。
見て、聞いて、理解して話すプロセスで自分で考える力を育み、単純暗記ではない、応用の効く英語力を身に着けていきます。

② 成果が見られる

1ヵ月単位の教材で毎月の成果が見られます。
レベル1~9まで一貫したプログラムにより、3~5年後が見られ、「こうなりたい!」のやる気をキープできます。

③ 家庭でも英語環境作りができる

英語力UPの鍵は学習時間にあります。日本人が”日常生活レベルの英語力”を身に着けるには2000時間以上の学習が必要と言われていますが、週1回1時間のレッスンだけでは50年かかる計算になります。
Kids Brownのカリキュラムなら、インターネットによりレッスンと同じ内容を学習することができ、家庭でもより豊かな英語環境を実現することができます。

ピアノの練習にはピアノが必要なように、家での英語学習には英語環境が必要です。

Kids Brownは最先端のタッチスクリーン方式で好奇心あふれる授業にくわえ、インターネット学習により自宅でもレッスンと同じ英語環境を実現できます。